女が愛して憎むとき

Uncategorized

若尾文子と田村二郎にみる男女の業

 女が愛して憎むとき(1963年 富本壮吉監督)

「女が階段を上る時」(60年、成瀬巳喜男監督)で銀座の女を描いた脚本家の菊島隆三が舞台を大阪に移した作品。
北新地でバーを営む敏子(若尾文子)は美人ママとして評判を呼び、客は敏子に男がいるのではと興味津々だ。敏子は男の影がない女として通っているが、実は東京の尾関(田宮二郎)と不倫関係。夜の飛行機で東京に向かい、逢瀬を楽しんで大阪に戻る生活を続けてきた。尾関は海外のミュージシャンを招聘する有名な呼び屋だ。敏子は尾関との関係に寂しさを感じるものの、会えば身も心も満たされる。
そんな折、敏子の店に偽物のウイスキーを売っていた業者が摘発された。刑事の尋問で敏子は尾関との密会を告白し、週刊誌で報じられる。店の客足は落ち、敏子は東京で出直そうとするが、尾関もジャズ奏者からドタキャンを受けるのだった。
偽ウイスキーの件を警察に密告した人物、男たちの好奇の目、水商売を見下して職質をかける刑事、カネを無心する元夫と、敏子の周りは敵だらけだ。敏子の師匠であるマダム理恵(森光子)の「美人のマダムは成功しない」「マダムは客の共有物や」「商売女は客に惚れたらおしまい」という言葉が水商売の難しさを言い表している。

美人ママは高根の花。われわれサラリーマンも銀座のママを見ると「どんなセックスをしてるのか」「あの肉体を何人の男が通りすぎたのか」と妄想をたくましくしてしまう。だから敏子は慎重を期して尾関をアパートに呼ばず、自ら東京に出向く。こうした水商売の裏側が興味深い。
敏子は尾関を敬慕して金銭援助も結婚も求めない。そこに漂うのは「依存関係」だ。女が一人で店を経営するのは心細く、心のよりどころが欲しい。頭の切れる尾関は頼もしい存在だ。だから経理の相談に乗ってもらう。
だが尾関は切羽詰まって敏子のカネに手をつけ、苦し紛れの言い訳で不用意な一言を吐いてしまう。2人の間に亀裂が生じ、敏子は一人で生きる道を選ぶのだが、本当にこれで終わりだろうか。誰かに頼りたがるのが女の弱さであるなら、いずれまた尾関を求めるだろう。ラストで見せる敏子の晴れやかな表情は「別れられない女」を予感させるのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました