モリケンの★5映画
「チャイナタウン」 薄幸な女の悲劇はシャロン・テート事件の投影か?
「レイルウェイ 運命の旅路」 英国人への拷問によって旧日本軍を冒涜した"反日"映画なのか?
「Mr.ノーバディ」 さえないオッサンが豹変し、ロシアンマフィア相手に大暴れ!
「激突!」 戦車なみの大型トレーラーにつきまとわれ、砂漠を逃げ回る恐怖のドライブ
「手討」 皿屋敷の怪談と武家社会の不条理から見る女の不遇の時代
「スウィングガールズ」 ダメ女子高生とメッキの教師が巻き起こすビッグバンドの興奮
「太陽がいっぱい」 あのショーンK騒動を思い出す米国青年のコンプレックスと成りすましテク
「カサブランカ」 男と女の悲恋に秘められた米国の戦意高揚の意図を見抜け
「セッション」 ジャズを舞台にした過激なパワハラ映画 気の弱い人は閲覧注意!
「ベスト・オブ・エネミーズ -価値ある闘い-」 バッハに国民を売った菅首相に見せたい50年前の黒人差別の真実